企業情報

Corporate Social ResponsibilityCSR

環境・品質方針

  • ・健全な経営活動の実践
    私たちは、適正な取引を行い、国内外の法令等を遵守します。
  • ・環境保全への貢献
    私たちは、環境保全に資する経営を実行します。
  • ・お客様の満足の向上
    私たちは、お客様にとって価値ある商品やサービスを提供し、そのニーズや期待に応えます。
  • ・企業リスクの適切な管理
    私たちは、適切なリスク管理を通じ、長期的かつ安定的な成長を目指します。
  • 当社は、上記方針に基づき「顧客満足」、「環境保全」の継続的改善に努めます。

環境マネジメント認証(EMS)の概要

適用規格 ISO 14001:2015 = JIS Q 14001:2015
認証機関 インターテック・サーティフィケーション株式会社
認証登録番号 05830
認証サイト 本社、姫路営業所、四国営業所
認証範囲 電子応用機器及び関連部品の販売
初回登録日 2009年7月9日

品質マネジメント認証(QMS)の概要

適用規格

ISO 9001:2015 = JIS Q 9001:2015

認証機関 インターテック・サーティフィケーション株式会社
認証登録番号 05057
認証サイト 本社、姫路営業所、四国営業所
認証範囲 電子応用機器及び関連部品の販売
初回登録日 2008年6月30日

CSR調達への取り組み

CSRの取り組みは、当社のお客様においても積極的に行なわれています。
コンプライアンスやCSRが厳しく問われる現在、商品の製造過程で労働、環境、企業倫理等の責任範囲は当該企業にとどまらず、サプライチェーン全体に及ぶようになったと考えられています。
サプライチェーンのいずれかで問題が発生すると、市場や社会から排除され、企業の存続そのものが危ぶまれます。そのため、サプライヤである当社にも、CSRについて高度なレベルの取り組みが求められるようになってきました。さらに、当社のサプライチェーンにも、これらの取り組みが求められています。
丸文グループの事業に関わるすべてのお取引先様に、CSR調達の重要性に対してご理解とご協力をお願いいたします。

責任ある紛争鉱物への取り組み

紛争鉱物に関する米国法規制やOECDのガイドラインに基づき、紛争地域および高リスク地域の紛争鉱物使用に関する情報開示と責任ある鉱物調達が求められています。
当社はCSR調達の取組みとして、当社サプライチェーンに紛争鉱物不使用の働きかけを行い、お客様からの調査に協力いたします。

※紛争鉱物とは、紛争地域および高リスク地域から産出される鉱物にて、当地の武装勢力の資金源になっているものです。

安全保障輸出管理

当社では、安全保障輸出管理をリスク管理の最重要項目のひとつであると認識し、外為法や各国法令、国際条約の遵守に努めております。


情報セキュリティへの取り組み

  • 当社は情報セキュリティの重要性を認識し、情報資産の取り扱いについては適切な管理および従業員教育を行い、これを継続的に改善して参ります。
  • ・法令等の遵守
    当社は、情報セキュリティに関連する法令その他の規範を遵守し、情報セキュリティの構築・確保に向け取り組みます。
  • ・情報資産の保護
    当社は、情報資産の機密性、完全性および可用性を確保するための適切な管理を行い、情報資産を保護することに努めます。
  • ・事故への対応
    当社は、情報セキュリティに関する事故の発生防止に努めるとともに、万一事故が発生した場合は、事故への対応および再発防止策を含む適切な対策を速やかに講じます。